ママ活できるのは何歳まで? 男で20代後半はママ活できるの?

ママ活できる年齢については、当然ですが男女で異なってきます。

    • 女性の限界年齢:20代後半~50代
    • 男性の限界年齢:10台後半~20代後半

男性が年下×女性が年上という構図で成り立っているママ活ですから、男性のほうが年上ではいけません。

 

女性は年下男性にやすらぎや癒やしを求めているのがママ活なんですね。

 

男性の場合には年下が理想的

年下が理想的な男性ですが、20代中盤となるとママ活しづらくなります。

もちろん童顔でかわいい系の男性なら余裕なのですが、年齢的にフィルターがかかりやすいアプリなどでは相手が見つかりづらいというのが現状です。

※それまでにママを複数確保して、25歳までやり取りを続けるという形で関係を維持するのが理想的だと思います

女性としては40歳前後のママがボリュームゾーンとして存在するので、25歳でもまだまだ可愛がってもらえるでしょう。

 

年齢を重ねてしまった場合、なるべく年上のママがいそうなアプリを使う&年上の女性にもアプローチしてもるという対策を取ることでママ活を続けやすいですよ。

 

たとえばAsobo(アソボ)のような出会い系アプリなら比較的30代~のママが多く存在しますし、掲示板で直接ママ活投稿が可能なのでやりやすいです。

 

一方でSILK(シルク)などは大学生の男子限定のママ活アプリとなっていますから、25歳を超えて利用するのは年齢制限的に難しいということですね。

女性は40代でもいける

一方で、女性は年上が好まれるため40代以降でも需要があるのがママ活です。

しかし男性が求めているものとしては財力が挙げられるので、ただのパートや専業主婦など財力に自信がないなら難しいと言わざるを得ません。

 

しかしママ活はそもそも女性の方が需要が大きいため、チャンスは女性のほうが多いのが魅力。

 

美人であったり気立てが良かったりすると、お金の関係抜きで年下男性と楽しめるチャンスもあるかもしれません。

 

ママ活は基本的に体の関係はなしですが、場合によってはセックスなど体を使って男性を射止める作戦もありでしょう。

このようにママ側のほうがさまざまな選択肢を使って男子を探せるため、比較的優位なポジションに立ちやすいです。

女性のほうが年齢にとらわれずに活動できるのがママ活動の魅力だと言えますね。

ママ側の視点では、年齢よりも見た目が大事

男性は年齢を気にするより、外見を磨くことを工夫したほうがいいかもしれません。

というのも、ママ側としては男性に求めるものとして「可愛さ」「癒やし」など年齢以上に見た目にこだわりたいという願望があるんですよね。

 

ポイボーイといったイケメンアプリが流行っていることからもわかるように、アプリでは常に写真で中身まで判断されてしまいます。

そこで年齢ももちろん見られますが、それよりも見た目がママの好みかどうかというのも重要な指標となるでしょう。

いくら若くても顔立ちが微妙だと見向きもされないのがママ活の悲しいところです笑

年齢がネックなら、見た目が悪いママを相手にする

ぶっちゃけ、ブスだったりデブだったりするママを相手にすれば競争に勝てます。

ママ活って突き詰めればお金ですよね?

 

目的がお金なら、多少の苦労はいとわないはず。

ライバルが少ない見た目が悪いママを相手にすることで、25歳過ぎてもママ活することはできるでしょう。

逆に「綺麗なママじゃないとイヤだ」という場合にはママが見つかりづらい状況になります。

見た目が悪いママを相手にすることでママ活の目的を達することができますよ。より好みせずアプローチしていきましょう。

ママ活で男は30歳までならいける

関係の持続性という観点では、30歳まではママ活できるというのが結論です。

ただし新規でママを見つけようと思ったら、20代後半が限界でしょう。

30代になってもママ活するポイントは、30歳までにいかにママを見つけられるか、キープできるかということにかかってきます。

 

逆に30歳過ぎて新規のママを開拓しようと思ったら、壮絶な苦労をしなければいけませんよ。

ママ活を続けたいと思うなら、20代のうちにたくさんママをゲットしておきましょう。

Asobo(アソボ)ならママ活専用の掲示板もあるため、比較的ママ活しやすい環境が整っています。

利用者も560万人を超えてますから、初心者はまずここから始めてみるのがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました